ライカ ヘクトール 7.3cm F1.9(Leica Hektor)

ズッシリと重いこのレンズ、ヘクトール 7.3cm F1.9は

実にオールドレンズとしての味がある一本である。

 

1932年(昭和7年)に発売され、

ライツで初めてF2を切った当時最高に明るいレンズであった。

ヘクトールの由来は設計者ベレク氏が飼っていたワンコから取ったそうだ。

 

3郡6枚構成のレンズは開放ではやや甘く、

少し絞るとカリッと解像するワクワクするレンズだ。

 

開放のボケは好みが分かれるだろう。

私、個人的にはこのボケは実に面白い。

この歴史を感じる佇まいに思わず息を飲む。

黒く化粧されたボディーから覗かせる真鍮の色合いが

実に美しい。

今では考えられないが、ガラスに気泡が入っている。

当然、気泡など無い方が良いのだが、

当時の技術では完全に取り除く事は出来なかった。

 

この時代のオールドレンズと呼ばれる物には

よくあるの事なのだ。

 

ヘクトール7.3cm F1.9、実に心躍る銘玉である。

 

関連記事

  1. 【作例】ライカ ヘクトール 7.3cm F1.9(Leica Hektor)

  2. 【作例】金沢駅 ライカ ズミクロン 35mm F2 8枚玉

  3. ローライフレックス 2.8 GX(Rollei Flex)

  4. 【作例】開放撮り比べ ライカ ズミルックス 35mm F1.4 1st

  5. 【作例】等々力渓谷 / カールツァイス ビオゴン (Carl Zeiss Biogon) 21mm F2.8

  6. ニコン ニッコール (Nikon Nikkor) 135mm F2 Ai-s