ライカ ズミルックス (Leica Summilux) 75mm F1.4

Sony α7Ⅱ + Leica Summilux 75mm F1.4  第2世代

ライカの大口径中望遠レンズの草分け的な1本。

1980年に登場し、取り外し式フードを採用していたが、1983年にフード組み込み式に変更された。

今回ご紹介するのはその第2世代のモデルになります。

初代はフードの存在感も強く、重量もあり、その大きさに圧倒されるほどであった。

第2世代になり600gと軽量化されフードもスマートに組み込まれた事により、非常に扱いやすくなりました。

また、最短撮影距離が90cmから75cmに短縮された事により撮影の幅が大きく広がりました。

 

大口径中望遠ゆえに非常に柔らかい表現が得意で、しかしピント面はキリッと繊細な写りをします。

ポートレートで使えば、他のレンズとは一味違います。

くっきりとした瞳の輪郭から、柔らかに広がっていく背景は正に至極。

採算が合わなかったとの噂があり、製造数も少ないので

ライカレンズの中でも希少レンズの部類に入ります。

状態の良い物は今後、さらに入手困難になる事が予想されます。

いつか手にしたい銘玉のひとつです。

 

 

関連記事

  1. ライカ ズミクロン (Leica Summicron) 90mm F2

  2. 【作例】ライカ ヘクトール 7.3cm F1.9(Leica Hektor)

  3. ライカ M6 チタン + ズミルックス 35mm F1.4 第一世代 / 1st

  4. 【作例】冬の館山 / ズミルックス 50mm F1.4 第二世代 / 2nd

  5. 【作例】冬の房総 / ズミルックス 35mm F1.4 第一世代 / 1st

  6. カールツァイス プラナー (Carl Zeiss Planar) 135mm F2