ライカ ズミルックス 50mm F1.4 (Leica Summilux-M)第二世代 / 2nd

レンジファインダーのレンズでは、明るい部類に入るライカのズミルックス 50mm F1.4。

ズマリット50mm F1.5の後継として、1959年に誕生したズミルックス50mm F1.4の第2世代となる。

第1世代から大幅に設計が変更され1961年に登場した。

シリアルナンバー1844001からは2群目の貼り合わせ面に空気レンズを採用し、

フレアを抑えコントラストを上げた改良が施されている。

 

 

 

現在でも50mmは標準レンズとされているが、それはライカが50mmを標準として採用した為だ。

カメラの歴史を語る時、ライカの存在の大きさが伺えるだろう。

その精巧な作りは、今見ても非常に完成度が高く、

ヘリコイドを回すだけで思わずウキウキしてしまうほどである。

 

関連記事

  1. コピーライカ 金ピカ

  2. ライカ ズミクロン 第四世代 (Leica Summicron) 35mm F2 ASPH. / 4th

  3. 【作例】等々力渓谷 / カールツァイス ビオゴン (Carl Zeiss Biogon) 21mm F2.8

  4. 【作例】冬の房総 / ズミルックス 35mm F1.4 第一世代 / 1st

  5. キヤノン 7s + 50mm F0.95

  6. 【作例】ズミクロン 35mm f2 ブラックペイント 1st 8枚玉

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。