【作例】冬の房総 / ズミルックス 35mm F1.4 第一世代 / 1st

今回は、初代ズミルックス35mm F1.4を持ち出して
冬の房総に出掛けたので、ご紹介しようと思う。

ちょっとライカの事をかじった人なら誰でも
知っているであろう。

最も人気の高いレンズの1本ではないだろうか。

現行と比べると明らか写りに違いがある。

現行のピシッとシャキッとした写りとは一線を画す。

ただ甘いだけと言われれば
そうなのだが、この優しい描写に皆魅了されるのである。

冬の海の澄んだ透明感を感じる。

夏のカラフルな海とは違う、光をうまく捉えている。

開放でもピント面では、それなりに解像する。

フジツボの凸凹も繊細に表現できている。

ん〜この表現、まさにオールドレンズと言えるのではないだろうか。

現行レンズでは、この雰囲気はまず出せない。

実に味のある描写である。

優しくボケていく背景

国産の現行モデルから入った人からすると

「甘々じゃん」と思われるかもしれないが

ライカのレンズには物語を作る様な。

不思議な魅力にあふれているのだ。

 

関連記事

  1. ライカ ズミクロン (Leica Summicron) 90mm F2

  2. 【作例】冬の館山 / ズミルックス 50mm F1.4 第二世代 / 2nd

  3. 【作例】金沢駅 ライカ ズミクロン 35mm F2 8枚玉

  4. 【作例】ズミクロン 35mm f2 ブラックペイント 1st 8枚玉

  5. ニコン ニッコール (Nikon Nikkor) 35mm F1.4 Ai-s

  6. カールツァイス ビオゴン (Carl Zeiss Biogon) 28mm F2.8