ライカ ズミクロン 第二世代 (Leica Summicron) 35mm F2 / 2nd

Sony α7Ⅱ + Leica Summicron 35mm F2 / 2nd

ライカを代表するレンズの一つで

年代によって8枚玉、6枚玉、7枚玉とあります。

それぞれに違った魅力的な描写となります。

ズミクロンは解放F2のレンズ群に付けられている名前です。

ズミルックス(F1.4)やノクティルックス(F1.2〜0.95)よりも

小型、軽量となっています。

明るさを重視していない分、無理な設計にならず

高いレベルの描写性能となっています。

 

コントラスト、色の再現力は流石と言ったところでしょう。

実物通りの色味が表現されています。

最近ではミラーレス機に合わせる事が流行っていますが、

このコンパクトさも魅力です。

気軽にスナップを撮るには最適な一本かと思います。

 

解放では柔らかい癖のあるボケとなっております。

フレアやゴーストも現代のレンズに比べると

盛大に出る事もあります。

しかし、この癖を味として表現できた時に

このレンズの本当の実力を見る事が出来ます。

 

F4まで絞ると線がシャキッとシャープになり

解放時と同じレンズとは思えない程です。

フレアやゴーストも一気に目立たなくなります。

ラテン語で「最高に」「小さい」という意味のズミクロン。

小さいとは微細なものまでシャープに写るという事です。

 

オールドレンズの温かみを持ちつつも

高い解像度を誇っています。

 

是非手に入れたい銘玉となっています。

 

関連記事

  1. 【作例】洲埼灯台 / ライカ ズミルックス (Leica Summilux) 75mm F1.4 2nd

  2. 【作例】冬の房総 / ズミルックス 35mm F1.4 第一世代 / 1st

  3. ライカ ズミルックス 35mm F1.4 (Leica Summilux-M) 第一世代 / 1st

  4. カールツァイス ビオゴン (Carl Zeiss Biogon) 21mm F2.8

  5. ライカ ズミクロン 第四世代 (Leica Summicron) 35mm F2 ASPH. / 4th

  6. 【作例】開放撮り比べ ライカ ズミルックス 35mm F1.4 1st